HOME >真の父母言語教育院> 教育目標
I. 教育目標
1.天一国国民のための真の父母言語教育を通し、韓国語(真の父母言語)と韓国の伝統文化を教育し、神様を中心と
した一つの言語と文化の形成に寄与する。
2.世界の指導者達が韓国語を学ぶことにより、真の御父母様の御言葉を研究し、信仰を確立することができるよう寄
与する。
 
II. 段階別教育目標
1. 初級1・2
- ハングルの子音・母音に対する正確な理解と発音、短文表現に慣れる
- 祈祷文・御言葉の正確な発音の練習
- 公式的・非公式的な状況を区別した言葉遣いに慣れる
- 日常生活で使われる基本的な表現に慣れ、文章の結び・連結に関する練習をする
- 状況に合った実用会話を通し、文法・語彙の幅を広げる
2. 中級1・2
- 初級で習得した文法と語彙の幅を広げ、流暢に使用する練習する
- よく使われる慣用表現に慣れ、社会・文化的な内容の理解と表現に慣れる
- 複文構造に慣れ、自然に使用できる能力を育てる
- 中級課程での文法要素の機能に慣れ、自身の考えや意見を自由に表現する
- 日記・祈祷文の作成
3. 高級 1・2
- 多様な種類の文章を読み、要約する
- 新聞、テレビ、ニュース等を通し、社会全般にわたる時事問題を理解する
- 真の御父母様のみ言葉、御子女様や大母様のみ言葉等を理解する
- 専攻や職業に関連した討論能力と言語駆使能力を育てる
III. 教育課程
1. 授業期間
区 分 授業期間 備 考
正規学習課程 1学期 毎年 3月 2日 ~ 6月中旬 15週 300時間
2学期 毎年 9月 1日 ~ 12月中旬 15週 300時間
特別課程 大学進学班 毎年 3月 2日 ~ 12月中旬 40週 800時間
季節学習班 夏期 毎年 6月中旬 ~ 7月下旬 6週 120時間
冬季 毎年 12月中旬 ~ 1月下旬 6週 120時間
2. 課程別詳細
正規学習課程 毎学期1回以上"聖地巡礼"、"韓国文化遺跡探訪"、"観光地見学"等のテーマに沿った1泊2日の文化研修を開催します。
特別課程 大学進学班 -韓国の大学(院)への進学を目的に韓国語を学ぶ特別課程です
-韓国語の初級から中級課程までを学習します
-韓国語能力試験(TOPIK)を受験し、4級以上の取得を目標とします
 (毎年9月に受験)
-大学(院)の面接試験に備えた会話学習も併せて行います
-その他の内容は全て正規学習課程に準じます
季節学習課程 -夏休み・冬休みの期間中に韓国語を学習する課程です(6週間)
-午後の特別授業および文化研修はありません
3. 班編成
新入生は毎学期初めに班編成試験を実施し、その成績に従い6段階に区分して班を編成します。在学生は前学期の期末試験の成績によって班編成を行います。
4. 授業出席
真の父母言語教育院規定第17条により、教育院生は授業に必ず出席しなければならず、欠席は当該学期の授業時間の5分の1を越えてはなりません。この基準を越えた場合は落第となり、上級班への進級は不可となります。
5. 成績評価および修了
成績評価は毎学期、中間試験と期末試験を通して読解・筆記・聞き取り・会話に区分して行い、段階別に、総授業日数の80%以上出席しD以上の評価を得た学生に対して修了証を授与します。
6. 特別活動

真の父母言語教育院は、学生が韓国人の実生活を直接的に体験し、韓国の生活文化について、また韓国語に対して確実に理解できる、多様な体験プログラムを実施しています。

文化研修 毎学期1回以上"聖地巡礼"、"韓国文化遺跡探訪"、"観光地見学"等のテーマに沿い1泊2日の文化研修を開催。
文化祭 毎学期1回、全学生が参加し、習得した韓国語の発表や踊り・歌・演劇等、多様な出し物を披露する文化祭を開く
午後特別授業 毎月1回以上、午後の時間に行う
- 特別講義(月) : 指導者を招待しての講演、原理講義など
- 体験学習(水) : 韓国伝統料理作り、風船アート、歌、パークゴルフ等
- 韓国映画上映(金) : 韓国語の映画を上映
野外体験授業 毎学期1回以上、判別に野外体験授業を行う。
(韓国人と直接会話し、与えられたミッションを遂行する等)
その他 - 学生相談 : 定期面接、個人相談、班単位の面談等
- 天聖宮訓読会 : 参加要請があった場合、天聖宮での訓読会に参加が可能
7.韓国語能力試験(TOPIK)受験 
韓国教育課程評価院の韓国語能力試験(TOPIK)受験を支援します(大学進学班は必須受験)
* 韓国語能力試験(TOPIK)とは?
韓国学術振興財団およびハングル学会が主催。韓国語を母国語としない外国人に韓国語の学習方向を提示し,
自身の韓国語能力を測ることを目的とした試験。